Seit 1979

輪飲、話飲、和飲の心意気で、ドイツワイン好きが集う会

東京ドイツワイン協会とは

ドイツワイン愛好者が催しを通じて定期的に集い、ドイツワインの美味しさに触れ、ドイツ文化を学びながら知識を高め合う、非営利の親睦団体です。 20歳以上のワイン愛好家であればどなたでもご入会いただけます。詳細はこちらをご覧ください。

2019年 新年会 イベント報告

シェアする ツイートする

椿山荘東京 料亭 錦水にて

平成最後の新年会が、昨年に引き続き椿山荘東京内「料亭錦水」にて行われました。好天に恵まれ、参加者は60名。賑やかに楽しく「輪飲」「話飲」「和飲」の会となりました。

小澤会長の挨拶、山本博名誉顧問の乾杯と続き、協会所属の生田流山水美樹さんによる優雅なお琴の演奏で会はスタート。

山水美樹さんによる琴の演奏

荻野役員のワインの説明と、続いて「料亭錦水」の前田調理長から献立の説明が有り、ゼクトをはじめ、7種類の美味しいワインと御料理を堪能いたしました。

「料亭錦水」の前田調理長による献立説明

和気藹々と会は進み、長谷川事務局長から今後のスケジュールの報告があったのち、恒例により城野参与の「ごきげんよう」の挨拶でお開きとなりました。

お料理

前菜「青菜ときのこのお浸し・しらす、長芋莫来掛け、鮟肝柑橘煮、柿とクリームチーズ生ハム巻き、豆腐味噌漬け、鰆南蛮漬け、焼き椎茸酒盗掛け」

造り「鯛唐墨重ね、本鮪赤身妻添えて、白凝り酢、土佐醤油」

焼物「柚子釜豆乳焼き、雲子、ずわい蟹、百合根、銀杏、北海道牛フィレ諸味噌小角網焼き」

組肴「ふく皮煎餅、辛子蓮根、畳鰯」

炊合せ「蕃茄の印籠蒸し、豚角煮、花びら茸、松の実、揚げ銀杏、白髪葱」

食事「鯛おにぎり茶漬け、胡麻たれ、ぶぶあられ、三つ葉、忍び山葵(山形県つや姫)」と、香の物「三種盛り」

甘味「プリンアラモード、黒糖アイスクリーム、スイートポテト、りんごコンポート、バナナ、ブルーベリー、いちご、ラズベリー」

ワインリスト

この会で提供したワインは以下のとおりです。

  1. ゼーンライン・ブリラント・トロッケン
    Söhnlein Brillant Trocken
    1867 年のパリ万博博覧会では、世界でただ一社、金賞に輝いたという歴史をもちます。キメの細かい気泡と爽やかな喉越し、スッキリとした後味。
  2. バハラッハー・グラウブルグンダー・トロッケン 2016(ミッテルライン)
    Bacharacher Grauburgunder trocken 2016
    ミッテルラインの僅か 0.5ha の畑から出来たグラウブルグンダー(ピノグリ)。ラッツェンベルガー氏のセンスがきらりと光る1本。
  3. ヴァイスブルグンダー・カビネット・トロッケン 2015(ザクセン)
    Weissburgunder Kabinett Trocken 2015
    北緯およそ 52 度に位置するドレスデン郊外の歴史有るシュロス・プロシュヴィッツ醸造所。
  4. トライザー・ローテンフェルス・リースリング・トロッケン 2014(ナーエ)
    Traiser Rotenfels Riesling Trocken 2014
    ナーエ屈指の伝統あるワイナリーDr.クルジウス。柑橘や桃を連想させる香り。豊かなミネラルと上品な酸味のバランスが素晴らしいワイン。
  5. トロリンガー・シュトゥリュムフェルバッハ・トロッケン 2017(ヴュルテンベルク)
    Trollinger Strümpfelbach trocken 2017
    ヴュルテンベルクの注目ワイナリー・クナウス。軽やかでうまみのある唯一無二のトロリンガー。料理と一緒に飲んで本領を発揮するワインです。
  6. ピノ・ノワール II Q.b.A. 2014(ファルツ)
    Pinot Noir II Q.b.A. 2014
    ファルツの銘醸フォン・ウィンイングのピノ・ノワール。ドライチェリーやブルーベリーのニュアンスがグラスから溢れ口当たりは柔らかくとてもエレガントです。
  7. ヴェレナー・ゾンネンウーア・リースリング・シュペートレーゼ 2014(モーゼル)
    Wehlener Sonnenuhr Riesling Spätlese 2014
    モーゼルの伝統的な至高の葡萄園。デリケートでありながら寿命の長いワインゴーミヨ5つ星。

2019年 新年会 ワインボトル

開催概要

日時:2019年1月20日(日)12時開始(受付:11時30分から)
会場:ホテル椿山荘東京
住所:東京都文京区関口 2-10-8
アクセス:東京メトロ有楽町線江戸川橋駅1A出口より徒歩10分